こんにちは!

オランダ出産トータルサポートサービスを提供するMIRAKUのドゥーラ朝倉麻耶です。

オランダの色々な出産シチュエーションをシリーズ化しているので、今度はその前の「妊娠」にスポットをあててみようと思います。

こんな素朴な疑問はありませんか?

  • どんな出産にしたいか?聞かれてもピンと来ない
  • バースプランってなに?
  • バースプランって必要?
  • どうやって書くの?
  • いつ書くものなの?
  • 誰に渡すの?

 

お産なんて、何が起こるか分からない、なるようにしかならないから、それでバースプランなんて必要?

医療が介入する場合は、理想や希望通りにはできないかもしれない。

それでも、自分がどんな出産にしたいか、考えるのはとても重要です。

バースプランとは、

お産の時の自分の希望などを書き留めて、自分の意思表示しておくものです。出産をスムーズに進めるために、どんなふうに過ごしたいかを明確にします。

なぜ?

自分自身がどんな出産を目指すのか考えるのに、とても良い機会を与えてくれます。漠然と思い描く妊娠出産を、よりイメージしやすくしします。それでも、最終的に書くか、書かないかは妊婦さん次第です。

誰のため?

主な理由は、医療関係者に渡して、あらかじめ自分の希望を知ってもらうためです。

しかし、いざバースプランを作成し始めると、見えてなかったことが自分で自覚できたり、そして書くことにより明確な希望を持ち、自信につながります。

いざ、出産が始まってしまったら、どんなことを望んでいたのか、どんなことは避けたかったのかなど、分からなくなったりするかもしれません。バースプランがあれば、その場に流されて、本意ではない結果になりえることを避けられる可能性が高いです。

どこで?

ご自宅で、ゆっくりと作り上げていくのが理想的です。

MIRAKUの出産ドゥーラは、ご契約のお客様とはバースプランをご一緒に作成します。

出産準備クラス受講のお客様の場合は、ご希望がございましたら、バースプラン作成サポートも承っております

どんな選択肢がある?

  • 出産場所
  • 出産の種類
  • 麻酔の使用
  • 分娩室の照明
  • 医療行為の選択
  • 出産の付き添い人など

どうやって書く?

文章で書くもよし、箇条書きもよし。

私は、分かりやすいようにバースプランアイコンをお勧めしています。

どこへ持って行く?

バースプランが仕上がった後の検診の際に、医療チーム(助産師又は産科医)にお渡しください。

そして出産ドゥーラ、家族と妊婦さん本人用控え。

いつ書く?いつ渡す?

書き出す時期は、特に決まりはございません。

妊娠初期、中期は自身の身体の変化に追いつくのに精一杯だったり、ご気分が優れないことも多く、まだまだ先の出産当日のことなど想像もつかないかもしれません。

妊娠後期から本格的に考え始め、正産期に入る前(36週)位には完成させ、出産に関わる方達にお渡しするのが理想的だと思います。

最後に

オランダでの出産は、言葉の面だけでなく、習慣においても理解が難しいところが出てくるかもしれません。

言わずとも、感じ取ってサポートしてくれるということは、なかなか得られないかもしれません。

それにオランダでは「自分のことは自分で決めるて、ちゃんと伝える」と言う文化、わたしたち日本人にとっては、いざ自分で選択するとなると難しい部分も多いでしょう。

だからこそ、色々な選択肢を一つ一つ考え、バースプランを作り、それが出産に向ける自信につながるよう願っています。

オランダで出産を
考えているのだけれど…

まずはお気軽にお問い合わせください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です